原付・バイク保険一括見積もり

 カー情報メインメニュー

車を売る 車を買う 自動車保険一括見積り 車検一括見積り 原付・バイク保険一括見積もり 無料廃車・事故車・不要車の引取り バイク買取無料出張査定 自動車運転免許取得 カー用品(車・バイクグッズ)SHOP カーローン 車にお得なカード 相互リンク集

 バイク保険見積りメニュー

複数の保険会社にあなたの条件にあった バイク保険の見積りを依頼。
見積りは各保険会社から直接みなさま宛てに回答されます。もちろん、ご利用は無料です。
一度の記入で、条件のよいバイク保険を見つけることができます。

ズバットバイク保険比較 大手保険会社、最大4社に一括見積もりができます<無料>
比較.comのバイク保険一括見積もりサービス【無料】



バイク保険の「新規加入」「満期時の見直し」は比較.com で一括見積もりたった一度の入力で複数の会社から見積もりが届きます。比較して納得!
アクサダイレクト



日本初の本格的リスク細分型バイク保険!「インターネット見 積」ならバイク保険のお見積りがリアルタイムで算出できます。もちろんインターネットからのお申込みなら、バイク保険も最大3,500円のインターネット 割引!


任意加入のバイク保険

強制加入の「自賠責保険」で補償されない損害額をカバーするための保険が任意加入の「バイク保険」です。自賠責保険では補 償されない自分への補償などをカバーします。

バイク保険のベースは自動車保険です。しかし契約できるタイプに制限があったり、補償・特約が違っていたりするなど、一般 の自動車保険と一部違いがあります。

また、125cc以下のバイクであれば、一般の自動車保険に「ファミリーバイク特約」として保険をつけることもできます。

なぜ任意加入の「バイク保険」が必要なのか?

【ライダーが加害者となった場合】

二輪車の事故の多くは転倒を伴います。たとえ加害者であっても、ライダー自身がケガを負ってしまうケースは少なくありませ ん。またライダーは自動車とは違い、体がむき出しの状態でバイクを運転しています。したがって、転倒、衝突などによる衝撃で受けるダメージが自動車より大 きくなってしまうこともあります。しかし、強制加入の「自賠責保険」は被害者を救済する保険ですので、ライダーが加害者となった場合、自分自身への補償は 全くありません。そのため、自分を守るためにバイク保険の「搭乗者傷害保険」や「人身傷害補償保険」で備えておく必要があります。

【ライダーが被害者となった場合】

ライダーが被害者となった場合、基本的には相手の自賠責保険からケガの治療費等の賠償金を受け取ることができます。

しかし、自分にも過失がある場合、その分何割かは相手方から賠償金を受け取ることはできません。また、事故は双方ともに責 任(過失)があると認められることが少なくありません。そのため、被害者になった場合でも、バイク保険の「搭乗者傷害保険」や「人身傷害補償保険」が役立 ちます。加入は任意の「バイク保険」ですが、ライダー自身を守るために、加入は必要です。


ユーシステム カー情報