自動車保険一括見積もり

 カー情報メインメニュー

車を売る 車を買う 自動車保険一括見積り 車検一括見積り 原付・バイク保険一括見積もり 無料廃車・事故車・不要車の引取り バイク買取無料出張査定 自動車運転免許取得 カー用品(車・バイクグッズ)SHOP カーローン 車にお得なカード 相互リンク集

 自動車保険一括見積りメニュー

自動車保険 節約のツボ
  1. どれだけ事故を起こす確率が低いか?
  2. 事故の時の補償はどこまで必要か?
  3. 特約はしっかり見極めて選ぼう!

自動車保険Q&A

自動車保険一括見積り


どれだけ事故を起こす確率が低いか?

自動車保険は、「事故を起こす確率が低そうな人ほど、保険料が安く済む」仕組みになっている。逆に確率が高そうな人は保険料も高くな る。

【主な判断基準】

・ 年齢(若いほど事故率が高いと判断)
・ 車種(スポーツカーなどは事故率が高いと判断)
・ 事故歴(無事故を続けている人の方が有利)
・ 年間走行距離(多く走る人の方が事故に遭う可能性が高いと判断)
・ 居住都道府県(事故が起こりやすい都道府県で運転している方が事故率が高いと判断)
・ 使用目的(通勤に使う方が事故に遭う可能性が高いと判断)
・ 安全装備の有無(大事故になりにくい方が有利)

しかしこれらの条件は変えようがない。保険料が高いからスポーツカーを買わないというのもナンセンスだ。本当のポイントはこれらの判断基準をどう料理する かは保険会社によって違うということなのだ。

【年齢条件に関する考え方の違いの一例】

「30歳未満不担保」が条件だった人の子供が成人して、免許を取り、運転するようになった場合。

●A社の場合

年齢条件を外すことになり、単純に保険料がアップする。

●B社の場合

運転者のそれぞれの年齢を加味し保険料を算出。算定基準が違うため、保険料が安くなる可能性がある。

●C社の場合

「子供特約」を用意しており、年齢条件をそのままとして、子供も補償対象とできる。保険料は上がるがA社ほどではない。

保険料の算定基準は各社それぞれで、それを完全に理解して比較するのは事実上不可能。だからこそ、一括見積サービスを利用して、複数の 見積をGETするのが節約への近道なのだ!